MENU

エキスパートが解説する Dr.コラム

新型コロナとの付き合い方
~WITHコロナ生活~(Vol.1)

令和5(2023)年5月8日、新型コロナウイルス感染症(以下、新型コロナ)は、それまでの「新型インフルエンザ等感染症(いわゆる2類相当)」から、「5類感染症」になりました。本コラム前編では、なぜ新型コロナの位置づけが変わったのか、そもそも新型コロナとはどのような感染症であるのかを踏まえておさらいしたいと思います。
後編では、WITHコロナ生活におけるこれからの感染対策のあり方について考えます。

どうして新型コロナが5類感染症になったの?

 わが国では、感染症について、その感染力や感染した場合の重篤性などを踏まえて1類から5類、指定感染症、新感染症、新型インフルエンザ等感染症の8つに分類されています。この分類のどれに位置づけられるかで、医療機関の対応や、行政が講ずることのできる対策が違ってきます(表)。たとえば新型コロナも、2類相当のときには感染対策に関し行政がさまざまな要請・関与を行っていたのが、5類になってからは「個人や事業主の判断にゆだねる」、といった具合です。
 位置づけが変わったもっとも大きな理由は、新型コロナの感染症としての重症度が下がったことにあります。新型コロナの致死率は、感染拡大の第一波では5%を超えていました。つまり20人に1人が亡くなる時期があったわけですが、ワクチン接種が進み、オミクロン株という比較的重症度の低い変異株が広がったことで、日本全体での新型コロナの致死率は下がっていきました。このことが5類移行の大きな要因になったと思います。

※感染者数に占める亡くなった人の割合

新型インフルエンザ等感染症(2類相当)と5類感染症の主な違い

新型インフルエンザ等感染症(2類相当)と5類感染症の主な違い

厚生労働省 新型コロナウイルス感染症の5類感染症移行後の対応について
https://www.mhlw.go.jp/stf/corona5rui.html(2023年12月20日参照) を参考に作成

新型コロナウイルスが弱毒化してきている?

 新型コロナウイルスに限らず、一般的にウイルスとは、増殖や感染を繰り返す中で徐々に変異をしていきます。新型コロナに関するニュースを耳にする中、アルファ株、デルタ株などと呼び方が変わっていったことは、いまだ記憶に新しいところではないでしょうか。
 令和4(2022)年からはオミクロン株が拡大し、さまざまな亜系統が派生している中、徐々に新型コロナの重症度が下がってきたという声も聞かれます。「ウイルスは、変異を続ける中で弱毒化していく」という意見もあるようですが、私はそこに強い根拠はないと考えています。
 たとえば、日本で大正7(1918)年から流行したスペインインフルエンザ(いわゆるスペインかぜ)は、国民の大部分が免疫を獲得したことで致死率が低下し、季節性インフルエンザに移行していきました。つまり、けっしてウイルスが弱毒化したわけではないのです。
 そしてスペインかぜの時代と違い、今の私たちの時代にはワクチン接種という手段があります。多くの人が新型コロナのワクチンを接種したことで、社会全体において、たとえ感染しても重症化しないで済む人が増えたと考えられます。

※同じ株の中での遺伝子配列が少し異なるもの
もう、インフルエンザと同じと考えていい?

 新型コロナは5類感染症になりましたが、かならずしも「季節性インフルエンザと同程度の感染症になった」わけではありません。致死率に関しては季節性インフルエンザと同程度にまで低下していますが、季節性インフルエンザの流行が年1回であるのに対し、新型コロナでは年に数回、流行が繰り返されています。感染者数の規模をみても、新型コロナの方が大きいという違いがあります。
 さらに新型コロナ特有の問題として、罹患後症状、いわゆる後遺症の問題があります。新型コロナの後遺症については世界的に調査研究が進められていますが、いまだ不明な点が多く、根本的な解決法は見つかっていません。季節性インフルエンザにはみられない深刻な問題であり、新型コロナを季節性インフルエンザと同等と捉えるには時期尚早ではないかと思います。

新型コロナが季節性インフルエンザと異なる点
制限された生活に戻る可能性はある?

 さきほど述べたように、新型コロナではワクチン接種者が増えたことで、感染しても重症化しないで済む人が増えました。ただ、あらたな変異株次第で、状況が一変する可能性はあります。
 感染拡大が始まってからの3年間、新型コロナウイルスは私たちの予想を超えた変異を繰り返してきました。今もなお、感染力が強い変異ウイルスの出現や拡大が懸念されており、それが現実となった場合は、ふたたび感染対策を強化する必要が出てくるかもしれません。
 政府も今後、オミクロン株とは大きく病原性が異なる変異株が出現した場合には、ただちに対応を見直すと表明しています。5類感染症になった今も私たちは変わらず、新型コロナに対する関心を持ち続けていく必要があるのです。

どこで流行状況の情報を得ればいい?

 「そうはいっても最近、新型コロナに関するニュースを見かけなくなった…」という声が聞こえてきそうです。たしかに、2類相当時は連日、TVやインターネットで最新の情報が流れていました。それは、2類相当の感染症では医療機関や自治体からの報告にもとづき新規感染者数の「全数把握」を行うことが定められており、その結果がニュースソースとなっていたからです。ところが5類になってからは、毎日の全数把握が週1回の「定点報告」となり、リアルタイムで流行状況を把握することが難しくなりました。
 ただ、この定点報告も、おおまかな流行の傾向を把握する上では役立つ情報です。週1回の定点報告をまとめた結果は、翌週の木曜に発表され、全国のデータは内閣感染症危機管理統括庁のホームページ(図)(https://www.cas.go.jp/jp/caicm/action/data/index.html)で、地域の動向は各自治体のホームページで確認できます。
 単純に比較はできませんが、季節性インフルエンザでは、定点報告数が10を超えれば「注意報レベル」、30を超えれば「警報レベル」となります。よって新型コロナも、10という数値を一つの基準として、流行状況の把握に役立てると良いかもしれません。
 ほかにも現在、モデルナ社が、日本全国の新型コロナを含む各種感染症の患者数を毎日更新して情報発信するサイト(https://moderna-epi-report.jp/)を運用しています。
 このような情報源を持ち、みずから情報を確認する習慣を身につけることが、新型コロナのこれからの感染対策に役立つと思います。

※各都道府県で指定された医療機関が行う、1週間に受診した平均患者数の報告

内閣感染症危機管理統括庁のホームページでの定点報告

内閣感染症危機管理統括庁のホームページでの定点報告

内閣感染症危機管理統括庁 新型コロナウイルス感染症 感染動向などについて
https://www.cas.go.jp/jp/caicm/action/data/index.html(2024年1月9日参照)

忽那 賢志 先生
NAME

忽那 賢志 先生

kutsuna satoshi

PROFILE

感染症専門医

感染症専門医。国立国際医療研究センターを経て、2021年7月より大阪大学大学院医学系研究科 感染制御学 教授。大阪大学医学部附属病院 感染制御部 部長。感染症全般を専門とするが、特に新興感染症や新型コロナウイルス感染症に関連した臨床・研究に携わっている。