MENU

with コロナ生活のハテナ

気管支喘息だけどワクチン接種できる?

気管支喘息があってもワクチン接種を受けられます。特に、発作を繰り返すなど症状が不安定な方は、新型コロナウイルスの重症化リスクが高いと考えられ、接種が推奨されています。稀にですが、ワクチン接種後に軽い喘息発作を起こすとする報告もあるため、ワクチンを接種する場合は、医師の指示にしっかり従って薬の吸入などを行い、体調を整えておきましょう。
※ワクチン接種については主治医とご相談下さい。

一般社団法人日本アレルギー学会 新型コロナウイルスワクチン接種について (学会声明)
https://www.jsaweb.jp/modules/news_topics/index.php?content_id=585
厚生労働省 新型コロナワクチンQ&A
https://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/column/0005.html
を参考に作成(2023年9月25日参照)