MENU

with コロナ生活のハテナ

免疫不全と診断された…ワクチンどうする?

免疫不全のある方がワクチンを接種した場合、一般の方が接種するよりも、感染予防の有効性がやや低くなる可能性が指摘されています。ただ、HIVに感染している方や自己免疫疾患などの病気がある方、薬の使用により免疫力が低下している方は、新型コロナウイルスの重症化リスクが高く、ワクチン接種の意義は大きいと考えられます。
※ワクチン接種については主治医とご相談下さい。

厚生労働省 新型コロナワクチンQ&A
https://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/column/0005.html
を参考に作成(2023年9月25日参照)