MENU

with コロナ生活のハテナ

妊娠中の感染対策、どうしたらいい?

高齢妊娠のほか、肥満や高血圧、糖尿病などの背景を持つ方は、新型コロナウイルス感染症の重症化リスクが高いと考えられます。人混みを避けて、こまめな手洗いを実施するなど、個人でできる感染対策に努めましょう。なお、ワクチン接種は、妊娠中の時期を問わずに受けることができます。
※ワクチン接種については主治医とご相談下さい。

厚生労働省 妊婦の方々へ
https://www.mhlw.go.jp/content/11920000/000822215.pdf
を参考に作成(2023年9月25日参照)